2016年12月5日(月)記者発表会をザ・キャピトルホテル東急にて開催。

  • (株)ぐるなび総研 代表取締役社長の滝久雄による主催社代表挨拶

  • 農林水産省 大臣官房審議官 丸山雅章氏によるご挨拶

  • 駐日タイ王国大使館 特命全権大使 バンサーン・ブンナーク閣下

  • 岡山県東京事務所所長 藤原悌弘氏

  • 一般社団法人日本ワイン協会 日本ワインを愛する会 会長 山本 博氏

  • 駐日ブラジル連邦共和国大使館 特命全権大使 アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ閣下

  • スペシャルゲストによるトークセッション野老朝雄氏、三宅宏実氏、エダジュン氏

  • 登壇者集合写真

開会にあたって

当日はぐるなび総研の代表取締役社長 滝久雄より主催社代表挨拶、農林水産省 大臣官房審議官 丸山雅章氏より来賓の挨拶があった。

(株)ぐるなび総研 代表取締役社長の滝久雄による主催社代表挨拶

日本は、たいへん豊かな素晴らしい「食」をもつ国です。ぐるなび総研では、その「食」が日本の「文化」として確立し、日本人の誇りとなることを目指して様々な調査・研究を行い、その成果や提言を広く発信する活動を続けてまいります。これからも、本日の「今年の一皿」をはじめ、私どもの取り組みにご注目いただき、ご支援をいただけますようお願い申し上げます。

農林水産省 大臣官房審議官 丸山雅章氏によるご挨拶

毎年年の瀬になると、その年を代表する様々なものが選ばれ、発表されるが、『今年の一皿』も、年の瀬の風物詩として、定着してきたのではないかと思っている。我が国の食文化は日々進化を遂げてきている。今年も世相や流行を反映して、将来にわたって新たな食文化として定着するような、そして、世界に向かってはばたくような素晴らしい一皿が選ばれることを、期待する。

登壇者コメント

6つの受賞ワードを発表し、各ワードに関連したゲストが登壇、コメントをいただいた。

駐日タイ王国大使館 特命全権大使 バンサーン・ブンナーク閣下(「今年の一皿」 パクチー料理)

実は12月5日というのは、タイ人にとって本当に大事な日です。
先日亡くなりましたタイの国王陛下ラーマ9世のお誕生日であるからです。
今日のこの受賞は今悲しみにくれているタイ人にとって、励ましになるひとつの賞だと感じています。
パクチーが今日、受賞したことを非常にうれしく思います。
タイでは葉っぱだけではなく、茎の部分、そして根っこの部分まで使うのがパクチーの特徴です。パクチーは非常に体に良い食材ですので、たくさん食べて健康になっていただきたいと思います。

岡山県東京事務所 藤原悌弘氏(「今年の一皿」 パクチー料理)

岡山のパクチーは略して「岡パク」。
日本人の口に合いやすい香り、食感、マイルドな味わいを特徴としております。
岡山の生産者のみなさんが丹精をこめて作っております。
この2016年「今年の一皿」の栄えある賞に、タイ王国の自慢の食材であり、世界で愛されるパクチーを使ったパクチー料理が選ばれて大変に光栄に思っております。

一般社団法人日本ワイン協会 日本ワインを愛する会 会長 山本博氏(準大賞 日本ワイン)

今この賞をいただいたのは私ではなくて、日本でいいワインを作ろうと思って一生懸命頑張っているみんながいただいたという風に思っており、その意味で心から感謝します。
日本人の誠実さと努力と勤勉さがワインに向けられて、この十数年のうちに見違えるようなワインを作るようになりました。
ワインというのは作り手だけが作るのではなくて、飲み手が育てるものですから、日本ワインをよくしたいと思ったら、皆さんが一杯でもいいから日本ワインを飲んでいただいて、外国のワインと比べてみて、これがいい、悪いと言ったときに初めて、日本のワインが世界に伍するワインになっていくと思います。
ぜひ皆さん、ワインを愛してあげてくだい。

駐日ブラジル連邦共和国大使館 特命全権大使 アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ閣下(特別国際賞 シュラスコ)

この夏リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックを無事成功させたことは、我々の国民意識の高揚に大いに役立ちました。
本日表彰していただきましたシュラスコは、ブラジルのライフスタイル、食生活を代表するもののひとつです。それがノミネートされたことはブラジルの優れた食文化を象徴しており、皆様にますますブラジルの食に馴染んでいただき、両国の交流を振興させていければと思います。

株式会社糀屋三左衛門 代表取締役 村井裕一郎氏(特別賞 こうじ甘酒)

様々なメーカーさんがそれぞれの甘酒を多種多様に出されております。
そのような中でこうじ菌が国菌として認められ、その文化が再評価されています。
日本のこうじの歴史に対して、このような賞をいただけたのかなと考えております。

音楽プロデューサー/肉マイスター 田辺晋太郎氏(特別賞 ローストビーフ丼)

この肉ブーム、およそ3年くらい前からかなり盛り上がってきており、それらを牽引しているのは赤身肉、塊肉、そして熟成肉と言われています。
ローストビーフ丼の人気に大きく影響しているものはSNSであり、写真に撮ったときに絵力が強い、この赤の色、やはり栄えある色なのではないかと思います。
そういった側面も日本の今を表しているということから、特別賞に選ばれたのではないかと思っています。

会員制高級紳士餃子 蔓餃苑 苑主 パラダイス山元氏(特別賞 進化系餃子)

日本人は餃子とは餡にキャベツと豚肉、ニラを使い、そして食べるときは醤油とお酢とラー油をつけるという呪縛にずっと日本人はとらわれてきたにもかかわらず、今日こうしてフォーカスしてもらえたことはとても嬉しいと思います。

試食・展示

①<サラダ>パクチーシーザーサラダ
②<中>海鮮パクチー春巻き
③<洋>国産牛ヒレ肉のパイ包みパクチー仕立て
④<和>パクチーと中トロの炊き込みご飯
⑤<スイーツ>いちごの練乳スープ仕立て パクチーの香り
⑥<ドリンク>パクチー モヒート

2016年「今年の一皿」トップ